声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 4巻16話 感想 ネタバレ【チヌの想い…】

 

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます

 

今回は、安武わたるさん

「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」を紹介します。

    >>無料試し読みはこちら<<

   ★「声なきものの唄」と検索してください♪

 

 この物語のテーマ

瀬戸内海の島で育った活発な少女・チヌと美しい姉・サヨリ、
父親の死を境に女郎屋と遊郭の下女として別々に売られてしまった二人
妹チヌが姉との再会に希望を捨てずに過酷な運命を切り開いてゆく物語 

 

声なきものの唄の  感想ネタバレ「チヌの想いとは…」

 

チヌの心は姉への想いが深く、

 

「心の芯」となっているのを強く感じます。

 

 

それは、姉への親しみ、信頼、あこがれの要素で

普通の姉妹でも芽生える感情と

変わりないもの。

 

 

容姿も、姉は美しく

それはチヌにとって自慢であり、

 

いつも優しく包んでくれる姉の存在は

母親以上と言っても過言じゃないかも知れません。

 

 

チヌの性格をみても活発で天真爛漫、

 

 

自分の気持ちにとても正直で表に出して隠すことがない…

言葉に乗せて行動にも真っすぐに表現します。

 

 

とても純粋ですね。

 

 

私なんか、考えなくてもいい雑念が

いっぱい出てきて自分の気持ちが奥に引っ込んでしまって

不燃焼…

 

チヌのように自分の心を大切にできていないなぁ。

 

 

羨ましく思っちゃいますね。

 

 

 

その屈託のなさは、

人からも可愛がられ親しみが自然に得られています。

 

 

 

こんな過酷な時代で、不運な境遇に陥っても屈することなく、

 

ゆがんで卑屈になることもない。

 

 

 

チヌを見ていると、

 

「不可能なことはない、

     思い方ひとつよ!」と

 

 

教えられてる気がします。

 

 

 

やっと、姉の消息がつかめて新たな展開の予感。

 

 

チヌの知らない姉の心が伺える気配、、、

 

 

今後もまたいろんな顔を

 

見せてくれそうで楽しみです。

 

 

 

 

 声なきものの唄 4巻16話 

 感想ネタバレ記事はこちらからどうぞ♪

 

 

 

 

この漫画は先行配信となっているので

まんが王国でしか読むことができません。

 

   でも大丈夫です♪

 

会員登録不要で無料試し読みができます。

とってもお得です♪

 

>>>まんが王国<<<

「声なきものの唄」と検索してください♪