懲役339年 あらすじ感想【地味絵 < 超えまくりの引力発生ストーリー!!】

 

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます♪ 

 

 

今回は

「懲役339年」を紹介します。

 

 

神の教えを真理とする国。

魂の輪廻”や“生まれ変わり”も、この国の人々にとってはひとつの真理であった。

 

 

懲役339年もの途方もない刑を課せられることとなった大犯罪者・ハロー

 

服役し死亡した後も、刑期を残した魂は未だ浄化されておらず、すぐさまハローの

“生まれ変わり”とされる赤子が、同じ監獄に収監される。

 

 

永い年月の中、幾人かの“ハロー”とそれを取り巻く人々が紡ぐ物語である――。

 

 

 

   無料試し読みはこちら♪

     ↓ ↓ ↓ ↓ 

   >>>まんが王国<<<

「懲役339年」で検索してください

 

 

 

作品名   : 懲役339年

著者名   : 伊勢ともか

ジャンル  : SF・ファンタジー

掲載誌   : 裏サンデー

配信    : 4巻完結

価格    :1巻552円

 

あらすじ

「経典」が真理とされ、それに基づく戒律を重んじる国。

 

そこでは輪廻や生まれ変わりも当たり前に受け入れられており、

それを記録、管理する出生局なども存在する。

 

その国で大罪を犯した男・「ハロー」は

339年の懲役を受けることになる。

 

その後20年経った頃にハローは発狂死し、

新たな「転生したハロー」が収監されることになった。

 

 

これは幾代にも渡る「ハロー達」と彼らに係ることになった人々の物語。

 

 

人物紹介

ハロー:大罪を犯したことで懲役339年を科された男性。

彼の魂を持つとされる人物達はその懲役を全うするため監獄に収監される。

 

 

感想

世界観とテーマがしっかりしていて全4巻にもかかわらず

最初から最後まで非常に読み応えのある作品になっています。

 

 

前世で罪を犯したという理由でその記憶もないのに

その罪を償い続けるハローとその姿を見て、

 

関わっていく人達の罪や生きる意味、

人の在り方についての様々な葛藤が生々しく描かれています。

 

 

 

罪から目を背ける弱さ、嬉々として罪を犯す醜さ、

そしてそれでも罪と、

生きることと向き合う意味とは何なのかを問うような作品です。

 

 

そしてハローという大きな罪を犯した在任が

特別な意味を持つがゆえに絡み合う様々な思惑。

 

 

それに巻き込まれ、

けれど抗い続けるハロー達の姿もまた必見です。

 

 

 

絵はまだまだ発展途上なところはありますが、

それでもぐいぐい引き込んでいく面白みがこの作品にはあります。

 

 

4巻で完結している作品なので

 

ぜひ一気に読み上げてその感慨にふけってほしい作品です。

 

 

 

 

「懲役339年」はまんが王国

で読むことができます!!

 

 

 

無料試し読みはこちら♪

  ↓ ↓ ↓ ↓ 

>>>まんが王国<<<

「懲役339年」で検索してください♪

 

 

「まんが王国」を無料試し読みして
        お得に読む方法はこちら♪