「阿部定事件~ふたりの女~」 登場人物の特徴

阿部定事件~ふたりの女~

無料試し読みはこちら♪

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  >>まんが王国<<<

   「阿部定事件~ふたりの女~」で検索してください

 

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます

 

 

今回は、安武わたるさん

「阿部定事件~ふたりの女~」を紹介します。

 

 この物語のテーマ

狂気に走った女たちの衝撃実在事件を、

おぞましい事件の主犯、定を主軸にして書いたものではなく、この作品はその幼なじみである
お栄の視点から描いた構成となっている。

お栄と定の「おんなの幸せへの強い渇望」
嫉妬・孤独が長い年月を経て渦を巻き黒く固く憎悪にまでいきついた時――この事件は起こってしまった。

「おんなの幸せ」とはいったい何なのか?、 何が幸せを決めるというのか?、

それらをとことん考えさせられる物語です。

阿部定事件~ふたりの女~ 登場人物の特徴

 

阿部定

本作のヒロイン。

裕福な四代続く畳屋の末娘として生まれ育ち、容姿美貌に恵まれ、

 

親からは無類の寵愛を受け、自分の本能に素直に生きる事を信条とする

わがままに育ってしまいます。

 

性格は享楽的な感性の持ち主であり、男に物怖じしない、

 

非常に肝の据わった性格をしています。

 

幼い頃から男性に異性を感じ、多くの男性を魅了させる美貌を持ち、

 

成長するにつれ、いつしか「銀町小町」と呼ばれるようになった彼女。

 

でも時代のせいか、安易に男性に声をかけるのは「不良娘」と見られてしまいます。

 

その結果……恋人として付き合っていた村井高の悪意によって、

 

彼女の人生は一変してしまいます。

 

美しい容姿を持つも極悪人だった彼に犯されてしまい、

 

「傷物の娘」として扱われ、その生活は荒み、

 

持て余してしまった両親によって、勘当され、芸者として身を堕とす事となります。

 

でも芸者になった先でも問題を起こし、遊郭を抜け出します。

 

芸者や娼婦などをしながら転々と世を渡り歩き、

 

やがて東京は中野にある鰻料理店老舗「吉田屋」の主人である

石田吉蔵と知り合う事になりますが、

 

それがさらなる転落に繋がっていくのです。

 

 

三沢お栄
この物語のもう一人の語り手であり、

 

阿部定を幼少から知る人物の一人。

 

頭は良くも生まれが貧しいが故に、

 

容姿に恵まれた定とは対照的な暗雲に満ちた人生を歩む事となった彼女。

 

努力をせずに奔放に生き、男に自然と好かれもてはやされる彼女の人生と、

 

夫に献身的に生き、貞淑な妻として過ごすも、

 

恵まれることのない色褪せた自分の人生を見比べてしまう事となります。

 

病気により左官職を退き、病床についてしまった父親の看病のために、

 

学校をやめる事になってしまい、家族の為に粗暴な三沢建造と結婚し、

 

意地の悪い姑の介護や世話に苛まれ、息子二人の育児に奔走され、

 

すり減らされていく自分の人生。

 

かたや定はたとえどんな境遇であろうとも、

 

自分の想う様に生き、色とりどりに男性に恵まれ、

 

女性として華々しく過ごす彼女。

 

あまりの生き方の違いに、お栄は何を思うのでしょうか……

 

 

 

この漫画は先行配信となっているのでまんが王国でしか読むことができません。

 

会員登録不要で無料試し読みができます。

 

とってもお得です♪

    無料試し読みはこちら♪

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  >>まんが王国<<<

   「阿部定事件」で検索してください

続き

「阿部定事件~ふたりの女~」 ストーリー紹介とあらすじ

「阿部定事件~ふたりの女~」  感想と無料試し読み♪