漫画「私の少年」4話 ネタバレ【プレゼント】 おすすめマンガ感想♪

私の少年 3話

無料試し読みはこちら♪

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  >>まんが王国<<<

「私の少年」で検索してください   

 

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます♪ 

 

 

今回は

「私の少年」を紹介します。

 

ストーリー

4話では、二人の距離が一気に縮まります。

お礼がしたいという真修ですが、聡子の「親切」が他でもない自分に向けられたものだと知り…

 

私の少年 ネタバレ

 

前回、小片菜緒が教室で気持ち悪くなり吐いてしまったところをみんなからヤジられる中、

真修に助けてもらいました。

 

菜緒は真修にその時の「お礼」だと言ってハンカチをプレゼントします。

真修にとっては当たり前のことをしただけでしたが、その時、聡子さんに

自分はお礼をしていないことに気づきます。

 

 

お礼に何かお姉さんにプレゼントしたい。

 

 

そう思いたった真修は会社帰りの聡子に

 

「何かほしいものありますか?」といい、

 

聡子の欲しいものをあげたいのだと言います。

 

 

そうは言われても小学生にお礼をもらうわけにもいかず、

ましてや自分から望んでやったことです。

 

 

ですが、真修の真剣で真っすぐな眼差しには断れるなんてできません。

 

ふと、一人では入りにくい人気店のことを思い出し、そこに付き添ってもらうことを

提案します。

 

 

土曜日のお昼、人気の回転ずし店に二人はやってきました。

 

実は真修は回転ずしが初めてで、見るものすべてに目を輝かせています。

 

真修は「お寿司あんまり食べたことないから、おしえてほしいです」

 

素直に聡子に言います。

 

 

おいしそうにお寿司を食べきった真修は、くじでオモチャのストラップを当てて

 

嬉しそうにしながら、「しあわせだなぁ」といい、喜びをかみしめています。

 

 

 

真修は、ずっと気になっていた「人にやさしくするのは普通のこと」

 

聡子にとってはどういう意味を持っているのかを聞きます。

 

 

 

「お姉さんは、人にやさしくするのは普通だから、

 自分にもやさしくしてくれるの?」

 

 

 

聡子は、「普通はこんなことしない。真修にしかしたことないよ」と言うと、

 

真修の中で何かが変わりました。

 

 

「聡子さん」と呼んで、腕をつかむ真修。

 

遠慮がちに控えめだった真修の心は、一気に聡子の心に駆け寄ったのです。

 

 

そう、ただの「お姉さん」ではなく、一人の人間に変わった瞬間でした。

 

 

真修は、喜んでもらったオモチャのストラップを、聡子にプレゼントします。

 

私の少年 感想

 

この回は、回転ずし店に入る時からずっとドキドキしっぱなしで読んでました。

 

聡子に、お寿司の食べ方を聞く真修の眼が、またたまらなくかわいらしくて

 

 

でも今回、一番ドキドキしたのは、「聡子さん」といったところです。

 

一気に感情が溢れだした瞬間に、こちらまで熱くなっキュン死寸前でした。

 

 

また感動も大きく、何も持っていない小学生の真修がまごころだけはもっていて、

その喜びの一杯詰まったストラップをプレゼントするなんて、ほんとうに

素敵だなぁと感動した4話でした。

 

 

 

「私の少年」はまんが王国で読むことができます。

 

「まんが王国」を無料試し読みしてお得に読む方法はこちら♪

 

    無料試し読みはこちら♪

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  >>まんが王国<<<

   「私の少年」で検索してください。