鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ)一巻 ネタバレ感想【地獄の補佐官がドS】

鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ)一巻

 無料試し読みはこちら♪

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  >>まんが王国<<<

   「ほおずきのれいてつ」で検索してください

 

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます♪ 

 

 

今回は

「鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ)」を紹介します。

 

作品名   : 鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ)

著者名   : 江口夏実

ジャンル  : SF・ファンタジー

掲載誌   : モーニング

配信    : 24巻 まで配信

価格    : 1巻500円

 

ストーリー

あの世には天国と地獄がある。

地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。

そんな広大な地獄で、膨大な仕事をサラリとこなす鬼神。

それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯(ほおずき)である! ――人にとっての地獄。

ドSな補佐官・鬼灯に、上司の閻魔大王は涙、涙……そんな日常です。

冷徹でドSな鬼灯とその他大勢のわりかし楽しげ地獄DAYS!

 

鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ) ネタバレ感想

 

鬼灯の冷徹は地獄が舞台です。

 

八大地獄と八巻地獄があり、

 

主人公鬼灯(ほおずき)は閻魔大王の補佐官をしています。

 

鬼灯は八巻地獄にいて地獄の管理をしています。

 

閻魔大王は優しい性格で反対に鬼灯はタイトルの通り冷徹です。

 

拷問大好きな鬼です。

 

ギャグがあり、ボケたりして面白い物語です。

 

 

 

鬼灯は見るからに冷たいイメージがありますが、実際はとてもボケる所もあり、

かっこいい顔したくせにおおぼけを喰らわせるような鬼です。

 

 

一巻の時は桃太郎が鬼灯に喧嘩を挑みますが結局は負け

鬼灯が桃太郎に天国に就職するようにしました。

 

他の犬や猿やキジたちは地獄の仕事につきさせました。

 

なんやかんやで鬼灯は良い奴です。

 

 

拷問好きですが、、、。

 

 

鬼灯は鬼畜でドSでもあり、閻魔大王でさえ鬼畜にあざ笑います。

 

白澤(はくたく)と出会う時は必ずと言っても良いほど喧嘩をしています。

 

喧嘩をしない事が無いほど良く喧嘩をして周りは仲が悪いと思っているようですが、

仲が悪いわりには関わってきたりして結局仲が良いのか悪いのか分かりません。

 

白澤は漢方に関しては頭が良い奴で、女性関係は手が早いです。

 

浮気をするのは当たり前で良く殴り飛ばされています。

 

女性を無駄に愛している女ったらしです。

 

でもかっこいいので許してしまう魅力があります。

 

ちょっと変わった住人的エッセンスのこもった世界観の

 

「鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ)」、面白いです!

 

 

 

「鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ)」はまんが王国で読むことができます。

 

「まんが王国」を無料試し読みしてお得に読む方法はこちら♪

 

    無料試し読みはこちら♪

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  >>まんが王国<<<

   「ほおずきのれいてつ」で検索してください