自殺島 1.2.3巻 ネタバレ【島全体がヤバすぎる!!】

 自殺島 1.2.3巻

無料試し読みはこちら♪

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  >>>BookLive<<<

   「自殺島」で検索してください

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます♪ 

 

今回は

「自殺島」を紹介します。

ストーリー

「自殺島」─それは、自殺を繰り返す“常習指定者”達が送られる島。

主人公・セイも自殺未遂の末、その島へと辿り着いた。

果たして、セイ達の運命は!?極限サバイバルドラマ待望の第1巻リリース!!

作品名   : 自殺島

著者名   : 森恒二

ジャンル  : バトル・格闘

掲載誌   : ヤングアニマル

配信    : 全17巻配信

価格    : 1巻555円

 

自殺島  ネタバレ

 

自殺未遂を繰り返し行う常駐者が何人も無人島に送り込まれ、生き抜いていこうとする物語。

 

自殺未遂者の集まりなので自殺島に送られすぐに自殺する者、それでも協力して生き抜こうとする者に別れる。生きると決めた者達は、まず水を探し求める。

海岸線に沿って歩き河川を見付け出しやっとの思いで水を確保出来た。

しかしその夜、新たな自殺者が数人出てしまう。

生きていくには食料の確保が必要なので、食料の調達に向かう。

バナナや木の実を集めていると先住人の民家を見つけた。

 

人は住んでいないものの、以前暮らしていた生活感が残っており、漁が行われていた。

生きると決めた者達は漁をする事にし、やっとの思いで魚を手にする事が出来た。

 

少しづつではあるが生活出来る環境が整っていくが、やはり、日に日に自殺者は増していった。

一方で法も規則も無いので治安は悪化していった。

主人公であるセイは集落のリーダーであるリョウと打ち解けていった。

 

ある日、セイは山で鹿に遭遇した。

鹿の生きる堂々と生きる存在感に自殺常駐者であるセイは魅了されていく。

鹿を観察するのが日課になった。

一方で鹿を射る為の弓を作成していく。

 

ある日セイがリーダーのリョウに集落をしばらく抜けたいと言う。

 

鹿を追う為、山に入るのだ。

そして、セイは失敗を繰り返しながらも遂に鹿をとる。

 

しかし、鹿の保存をしなければいけない為、

何か無いかと探していると先住人に出会う事となる。

 

そこで知るのがセイ達が送り込まれ自殺島は10年前に凶悪犯達が送り込まれ

 

争いが続いた無法島と呼ばれた島だった。

 

感想

自殺者を集めた島なんて怖すぎる。

こっれって、更生だったらまだいいが、ここでの扱いは要は、

用なしってこと。

人生の敗北者と決めつけられたようで嫌な気がしました。

 

それも、うさんくさい島というのもなんかの実験でも行ってるのかと思ってしまう。

 

どこまで過酷で孤独な状態に耐えられるのかみたいな。

 

いずれにしても、寝覚めが悪くなりそうな、まだまだ先が見えない話しだと思いました。

 

 

「自殺島」はBookLiveで読むことができます。

    無料試し読みはこちら♪

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  >>>BookLive<<<

   「自殺島」で検索してください