夏目友人帳(なつめゆうじんちょう)1巻 あらすじと紹介、見どころ♪

 夏目友人帳(なつめゆうじんちょう)1巻
    作者: 緑川ゆき先生 

無料試し読みはこちら♪

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  >>まんが王国<<<

   「中卒労働者から始める高校生活 」で検索してください

 

 

夏目友人帳1巻  あらすじと紹介、見どころ♪

 

夏目友人帳は、主人公の夏目くんが、男子高校生が、

祖母の友人の名前を集めたノートとともに

妖怪や人間の友人を増やしていく話です。

 

1話完結型で、全部の巻を読まなくてもストーリーはわかりますが、

 

少しずつ主人公が成長していたり、新しい友人が増えたりするので、

一巻から順番に読み進めていくのが良いでしょう。

 

 

夏目くんは、妖怪が見えるため、

日常生活でいつもトラブルに巻き込まれています。

 

子供の頃から、

 

周りの大人や子供たちの理解を得られないので、

いつも孤独の中にいました。

 

いつものように、

 

妖怪による嫌がらせから逃げているときに、

うっかり、神社に封印されている妖怪を外に出してしまいました。

 

それが、にゃんこ先生です。

 

にゃんこ先生は、丸々と太った猫の形をしていますが、

 

実は、かなり強い妖怪で、

長く生きているため、いろいろなことを知っています。

 

夏目くんと仲良くなってからは、

その強い腕っ節と、豊富な知識で、夏目くんを助けてくれます。

 

何もないときには、お酒を飲んだり甘いものを食べたりして、

 

役立たずなにゃんこですが、

 

急に、夏目くんを助けるための便利グッズを持ってきてくれたり、

 

危険な妖怪について教えてくれたり、

困ったときにいつもそばにいてくれます。

 

夏目くんは、

子供の頃から妖怪のことを迷惑に感じていましたが、

 

にゃんこ先生と知り合ってからは、

 

妖怪の中にも、いろいろない奴がいて

いい奴も、悪い奴もいるということを学んでいきます。

 

妖怪の中には、人間を好きな奴もいるし、

人間を嫌っている妖怪もいます。

 

人間は、100年を待たないでいなくなってしまうことが多く、
ずっと不老不死の妖怪と共に歩んでいく事はできません。

 

いつか別れの時が来ます。

 

いつか来る別れの時まで

 

一緒に笑ったり喧嘩したりしながら、

 

 
生きていく人間と妖怪の話です。

 

 

 

夏目友人帳は、

 無料試し読みはこちら♪

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  >>まんが王国<<<

   「夏目友人帳 」で検索してください