ガンダムビルドファイターズ A-R 3巻 マンガネタバレ あらすじと感想【ガンプラバトル世界大会に強豪ファイター集結す!!】

 

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます

 

今回は

「ガンダムビルドファイターズ A-R 」を紹介します。

 

 ガンダムビルドファイターズ A-R 

今ノ夜きよし / 千葉智宏(スタジオオルフェ) / 矢立肇・富野由悠季 作

 

 ➤➤➤無料公開を読んでみる♪

 

 

ガンダムビルドファイターズ A-R  あらすじ

 

三代目メイジンカワグチことユウキ・タツヤの

世界大会での活躍を描く本シリーズですが

3巻より第八回大会が開始します。

 

 

一巻より描かれていた第六回大会が、

アニメ本編以前ということでどうしても

地味になりがちでした。

 

 

しかし第八回大会からはそういった制約が無くなったため

実にど派手になっています。

 

 

まずはイギリスで行われた地区予選決勝、

ジョン・エアーズ・マッケンジー対ジュリアン・マッケンジーの戦いです。

 

 

祖父とまご、

そして互いS.N.R.I.製のモビルスーツをベースとした機体で、

 

 

さらに本来なら存在しない

MEPEでの対決となりましたが、

 

 

今回は孫でありクロスボーンX2よりも後に開発された

機体であるV2ガンダムの改造機を操る

ジュリアンに軍配が上がりました。

 

 

 

そして始まった世界大会予選ピリオドでは

アニメ本編と同じバトルロワイアル、

 

 

3オン3、レースなどと共に今大会からの初の試みとして、

フィールドに落ちているモックのパーツを拾って

 

 

その場で作る「ビルドカスタム」、

フィールドから脱出する「エスケープ」など

一筋縄ではいかない競技が続きます。

 

 

 

そして予選最終ピリオドは

対戦相手が互いにフィールドを、指定し合う

「地形選択バトル」となります。

 

 

 

第1試合からいきなり、

メイジンカワグチ対リカルドフェリーニという

好カードが実現します。

 

 

ガンダムビルドファイターズ A-R  感想

 

 

大会に出てくるガンプラ達ですが、

第六回大会ではその殆どが実際にガンダム作品に出ていたか、

設定だけは存在しているものでした。

 

 

しかし第七回大会で多くのオリジナルガンプラが活躍しており、

それを受けて第八回大会でもかなりの数の

オリジナルガンプラが出て来ています。

 

 

これらは一般公募で集まった実際のガンプラなのですが、

 

多種多様な機体が出ていて実に面白いです。

 

 

 

特にドイツ代表のライナー・チョマーの機体

「ジュアング」は、まるで誂えたように

似合っています。

 

 

そんなガンプラ達が

これからどんな活躍をしてくれるのか楽しみです。

 

 

 

そして今大会に突如現れた謎の覆面選手

マスクド・セカンドGですが、

 

 

「二代目仮面」という

余りにもあからさまな名前過ぎて

かえって正体が分かりません。

 

 

やはりあの人なんでしょうか。

想像し期待が膨らみます。

 

 

 

 

ガンダムビルドファイターズ A-R  は、

 

無料試し読みもできます♪

 

➤➤➤こちらで読めます(^o^)/

 

サイト内を「 ガンダムビルド  」で検索♪

     コピペ どうぞ!