健康で文化的な最低限度の生活 ネタバレ 【最低限度の生活って人によりけり疑惑!?】

 

 

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます

 

今回は

「健康で文化的な最低限度の生活」を紹介します。

 

 健康で文化的な最低限度の生活 

      柏木ハルコ 作

 

 ➤➤➤無料公開を読んでみる♪

 

 

柏木ハルコ ネタバレ感想

 

新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。

 

えみるはここでケースワーカーという

生活保護に関わる仕事に就くことになります。

 

 

そこでは生活に困窮した人々の暮らしを

目の当たりにしていくことになり

人の生き様を見せつけられていくのです。

 

人生経験の乏しい甘ちゃんの熱血漢な

えみるはいろいろとぶち当たりながら

さまざまな受給者が置かれた現状や人となりから見えてくる

人間の弱さに対峙していきます。

 

現代でも、貧困が広まりつつある中、

生活保護問題が深刻化してきている今だからこそ、

 

テレビなどの一方的な目線の偏ったものではなく、

柏木ハルコ先生の、人の欲望における人間の心の葛藤を描く

もっと身近な生の視点でとらえたこの作品は、

読み応えがあり、自分の認識の視野が広がりよかったです。

 

 

 

「健康で文化的な最低限度の生活」 
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   
 

➤➤こちらから読めます(^o^)/

 

サイト内を「健康で文化的な 」で検索♪

     コピペ どうぞ!