イビツアイ(歪愛)-笑わない君と- ネタバレ感想 1巻1話 【私って存在は…】

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます

 

今回は

「イビツアイ(歪愛)-笑わない君と…… 」を紹介します。

 

イビツアイ(歪愛)-笑わない君と……

    筧あさと 作

 

 ➤➤➤無料公開を読んでみる♪

 

 

イビツアイ(歪愛)-笑わない君と…… ネタバレあらすじ

 

学校で早瀬琉菜(はやせるな)を待っていたのは、ネットに晒された自分のSEX動画だった。

 

「これ オマエだろ あ やっぱ オマエなの!?」

「「えー! ヤバーイ! L●NEに遅れる~~?」

 

クラスの男子たちが興奮して騒ぎ、女子までもたかりだす。

 

琉菜は驚きと恥ずかしさで学校を飛び出します。

 

道中、琉菜がいつも立ち寄るコンビニ前でアルバイトをしている

ヒデとぶつかり転んでしまいます。ヒデは声をかけますが

何も言わず琉菜は一目散で走り去っていきました。

 

急いでるのかとヒデ。

ヒデは大学卒業後もゴールが見えず、友人のジローが働いているこの街に越してきて、

何となく過ぎていく毎日を送っていました。

 

 

家に帰り着いた琉菜は、義兄・竜介に問いただすのでした。

 

でも返ってきた答えは、耳を疑うもので、

 

顔と口を歪め、

 

「金だよ金 メリットなしでオマエとヤるかよ」

「ちょ~と優しくしただけで股開くとか…」と吐き捨てたかと思うと

 

そこへ叔母が入ってきて、スマホを奪い

その動画を見るや否や、琉菜に思いっきりビンタを食らわし、

淫売呼ばわりしタタキ続けるのでした。

 

あまりの母の怒りように、驚きを隠せない竜介。

 

 

琉菜はビルの屋上に来ていまいた。

じっと沈んでいく夕日を見つめています。

 

 

先に来て夕日の写真を撮っていたヒデ。

あの子だと思いつつも、夕日に照らされている琉菜の姿に惹きつけられか

思わずシャッターを切っていました。

 

その音に気づいた琉菜は隠し撮りされたと思い、カメラをたたきつけ去っていきました。

 

不可抗力だと思いつつもまずかったかとヒデは思うのでした。

 

 

学校に行くと、女子からのひそひそ声と、

男子から、コン●ームを渡される嫌がらせにさらされる嫌がらせを受ける琉菜。

 

そんな教室にいられず、校庭隅で本をみてサボっていると、

そこへ隣りクラスの男子たちに囲まれてしまいます。

 

男子たちは動画と同じことをさせてくれと迫ってきたのです――!!

 

 

イビツアイ(歪愛)-笑わない君と…… 感想

 

いきなり強烈な始まりでドキッとしました。

 

けど琉菜には悪いけどもし自分がその場にいたとしても、

やっぱりみんなと同じように驚いてしまうと思うな。

 

それだけ強烈なことだし。

 

 

理性の欠片もない、欲望だけの男どもの単落さに嫌気がさしまくり~~!

でもそんな気を呼び覚ますような動画ではある矛盾。

 

 

この義兄、竜介は汚いヤツだ!

信じた琉菜も、動画をとらせたのはちょっと甘いよね。

 

大事な人にそんなことするのはおかしいって思わなきゃだよ。

 

というか親子そろって最悪じゃない!

 

確か琉菜の母親の姉にあたるのだけど、妹に対してもすごく蔑んだ見方をしてるのは何でだ?

異常な怒り方をするから、気になるとこだ。

 

最後も嫌な終わり方してるし、気になる、ヤダなぁーww

 

 

 

 

 

イビツアイ(歪愛)-笑わない君とは、

 

無料試し読みもできます♪

 

➤➤➤こちらで読めます(^o^)/

サイト内を「イビツアイ 」で検索♪

    コピペ  どうぞ!

 

関連記事

イビツアイ(歪愛)-笑わない君と……  ネタバレ感想【信じていた気持ちがもろくも壊れて…】