報復刑 ネタバレあらすじ 3話✦身重の妻の決断に圧倒的強さを見た!】

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます

今回は

「報復刑」を紹介します。

 

 報復刑  トータス杉村 作

 
報復刑とは、

家族を殺された遺族が犯人に執行できる制度。
遺族自らの手で、殺された方法で手を下すことができるのです。

 

 ➤➤➤無料公開を読んでみる♪

 

 

報復刑  ネタバレ

 

※男性閲覧注意です!

 

 

弁護士として働いていた優(ゆう)は、妻の出産も間近に控え、

 

ヤル気も増して仕事に励んでいた。

 

複数の案件を抱える中

 

旦那のDVに苦しんでいる主婦の相談に応じていた。

 

しかし突然その事務所に

その旦那がいきなり乗り込んできたのです。

 

妻と話している優を見るなり

いきなり殴りかかってきたのです。

 

そして机にあったハサミを見て

 

 

「いいもんあるじゃねえーか!」

 

 

と言ったかと思うと

優のズボンに手をかけ

引き下げにかかる男が狂気に満ちた顔で

 

 

「お仕置きだー!」

 

 

と優の

男性器をハサミで切り落としてしまったのです。

 

 

 

その後も男は優に暴行を繰り返し

殺してしまうのです。

 

男のとんだ勘違いで殺されてしまった優。

 

そして夫の変わり果てた姿を目にした妻の美優紀

強い悲しみに打ちひしがれます。怒りもあります。

 

 

ですが怒りは赤ちゃんがお腹にいるために

出せずに、いえ、感じてないように

見受けられました。

 

 

お腹の中に宿る赤ちゃんのことを考える美優紀は

無事に生まれて来てくれることだけ

専念しようと忘れようとするのです。

 

 

でもそんなに簡単にいくわけありません。

 

 

赤ちゃんといる喜びを感じるたびに

赤ちゃんの誕生を心待ちにしていた

優の顔浮かび、

涙が溢れてきてしまう美優紀。

 

 

このまま憎しみを抱えてこの子を産めない

 

この憎しみは報復刑で全て吐き出さなきゃ…

 

 

美優紀は報復刑をする決断を胸にします。

 

 

自分と赤ちゃんにとってかけがえのない家族だった、

 

それをむざむざと殺された無念を消し去るわけにはいかない。

 

 

生まれてくる赤ちゃんを幸せにするためにも

報復刑を実行します。

 

 

怒りに満ちた顔は、子を宿している母ではなく

鬼、それ以上の悪鬼を狩る姿でした。

 

 

その男の

男性器を切り落としました。

 

 

 

その後の美優紀の顔は母の顔に戻っていました。

 

 

「生まれて来る赤ちゃんを絶対に幸せにする」

 

母の強さを感じる姿がそこにありました。

 

 

報復刑  感想

 

男性のみなさん、大変でしたねww

 

いやまさに、「お定」を思い浮かべる自分がいました。

これはれっきとした合法なんですが。

 

美優紀の母の強さがすごく伝わってきたのが印象的で、

それを思うと、この報復刑はあってよかったんじゃないかと

思いました。

 

きっとこの後の人生にも、後悔を残さない、子どもを

立派に育てていくんだという決意も増したんじゃないかと

思えるものでした。

 

 

 

  「 報復刑 」 は、

➤➤➤こちらで読めます<(_ _)>)!

 サイト内を「報復刑」で検索♪

    コピペ  どうぞ!

 

関連記事
報復刑 1巻  感想と無料試し読み♪

報復刑  ネタバレあらすじ【仮面が引きはがされそうで・・・!?】