終わりのセラフ 1巻  あらすじ感想と無料試し読み☽吸血鬼とのバトルを制するのは!?】

 

こんにちは!管理人のエミリです☆

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます♪

 

今回は終わりのセラフ を紹介します。

 

終わりのセラフ
阿久井真 作

 

 >>>まんが王国<<<

終わりのセラフ」で検索してください♪

 

終わりのセラフ  あらすじ

 

 

主人公百夜優一郎(ひゃくやゆういちろう)は吸血鬼の都市で生きてきました。

 

その家族である百夜ミカエラ(ひゃくやみかえら)は優一郎と家族でした。

 

吸血鬼の都市で生きてきた優一郎とその家族は、都市から逃げだそうとします。

 

吸血鬼の中でも貴族という物が存在して、

 

貴族は他の吸血鬼より強いのが特徴で
普通の吸血鬼はフードをかぶっていますが貴族はフードをかぶりません。

 

都市の出口にたどり着いたとき、吸血鬼でもかなり強い
第七位始フェリド・バートリーに出くわします。

 

その時フェリドは家族であるミカ達を殺してしまいます。

 

瀕死のミカは優一郎に1人でも逃げろと言います。

 

涙を流しながらミカ達を置いて都市の出口から
逃げ出す優一郎を見届けると、ミカは死にそうな状態になってしまいます。

 

ですがそこに女王のクルル・ツェペシが現れ、

 

瀕死のミカを自分の血を与えてミカを吸血鬼にしてしまいました。

 

そして時は過ぎミカと優一郎は離ればなれの状態ですが
生きている事にはまだ知らず、互いに時間が過ぎていきいきました。

 

 

 

高校生になった優一郎は日本帝鬼軍(にほんていきぐん)に入り、
吸血鬼達と戦う日々を過ごしていました。
ミカを殺した(実際ミカは吸血鬼になり死んでない)

 

 

フェリド・バートリーを殺す為に力を付けていくのです。
 

 

 

終わりのセラフ  感想

 

バンパイアものは個人的にも

大好きな分野。

 

大体、話しの展開としても、バトル系が多いですよね。

 

この話も、基本そのようですが、アニメ化されていることもあり

見ごたえありそうです。

 

瀕死のミカが吸血鬼になってしまいましたが、

それでも死すよりは良かったのかも知れません。

 

でないと、話しがあっけなく終わってしまいます。

 

美形だしーww

 

 

貴族級の吸血鬼は人間を家畜のように血をむさぼり、

親友を殺されたと思っている優一郎の恨みと怒り

吸血鬼を倒すという強固な意志に貫かれたようですが。

 

 

今後吸血鬼とのバトル展開が予想されますが、個性的な力強いキャラ
出て来るようです。

 

 

そして気になる、親友・ミカとの再会

 

吸血鬼と戦う優一郎吸血鬼のミカ・・・

 

どんなふう出会っていくのか?

 

 

今後の展開が気になります。

 

 

「まんが王国」を無料試し読みしてお得に読む方法はこちら♪

 

 

>>>まんが王国<<<

「 終わりのセラフ」で検索してください♪