甲鉄城のカバネリ ネタバレあらすじと無料試し読み♪ 【カバネ💀不治の怪物恐怖戦う!!】

 

こんにちは!管理人のエミリです☆

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます♪

今回は、甲鉄城のカバネリ  を紹介します。

 

甲鉄城のカバネリ
吉田史朗カバネリ製作委員会 作

 >>>無料試し読み<<<

 「 甲鉄城のカバネリ で検索♪

 

甲鉄城のカバネリ あらすじ

 

武士の時代の

近未来化した日本が舞台。

 

世に産業革命の波が押し寄せた頃、

突如として不死の怪物が現れた。

 

鋼鉄の皮膜で覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びず、

 

それに噛まれた者も死後蘇り、人を襲うという。

 

 

怪物は「カバネ」と呼ばれ、

爆発的に増殖していった。

 

 

世界中が恐怖に覆われる中、

日ノ本の人々はカバネの脅威に対抗すべく

各地に」と呼ばれる砦を築き、

その中に閉じ籠もることで生き延びていた。

 

 

この駅の間を行き来できるのは装甲蒸気機関車(通称、駿城)のみだった。

 

 

製鉄と蒸気機関の生産を行う

顕金駅に暮らす蒸気鍛冶少年生駒(いこま)は、

 

 

カバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒」を開発しながら、

いつか自分の力を発揮できる時が来るのを待ち望んでいた。

 

 

そんなある日、

 

駿城の一つである甲鉄城が顕金駅にやってきた。

 

 

甲鉄城のカバネリ ネタバレ

 

カバネの心臓の周りを覆っている

金属皮膜を貫ける武器の開発をしていた時、突然

カバネがってきた。

 

 

新しい貫き術の武器で

戦ってみる生駒。

 

 

見事、カバネを倒すことに成功。

 

 

しかし、生駒はカバネにまれてしまい感染が始まる。

 

 

噛まれたことによる、カバネ化だ

 

 

とっさに、

自分の首を絞めて

カバネのウィルスが頭に回るのを

防ぐことができた。

 

 

生還したことでカバネと人間の狭間の

生物カバネリとして生きていくことになった生駒。

 

 

完全なカバネ化を防ぐためには、

神話の吸血鬼のように、時間の制限と、

人間の血を飲まなければいけない。

 

 

甲鉄城を守りながら、戦いは続く。

 

 

 

 >>>BookLive<<<

「 甲鉄城のカバネリ 」で検索♪

 

 

無料で読む方法

1巻分を無料で読む方法

(・へ・)
「1巻まるまる読みたいんだけど、
 電子コミックサイトにないし―ww」なんて時に…

是非利用したいのが、U-NEXTです。

U-NEXTとは、

10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトです。ドラマ・映画・アニメ
などを視聴できる他に、
なんと!電子書籍も読めるんです。

31日間の無料お試しキャンペーン中。

入会特典ポイント「有料のコミック」読めます!

サービス利用の裏技テク!!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

  ➤➤➤➤U-NEXT

是非試して読んでみてくださいね♪

 

 

 

 

にゃんにゃかにゃぁん~🐾