ジャバウォッキー1914 3巻 ネタバレ感想と無料試し読み♪ 【驚愕!!恐竜人の侵略が怖すぎるがスターウォーズの世界観に似てるかも!?】

 

こんにちは!管理人のエミリです☆

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます♪

今回は、ジャバウォッキー1914  を紹介します。

 

ジャバウォッキー1914
久正人 作

 >>>無料試し読み<<<

 「 ジャバ で検索♪

 

ジャバウォッキー1914  ネタバレ

 

20世紀初頭、世界大戦を起こさせて人類社会の

打倒を目論む恐竜人類たち「殻の中の騎士団」

 

それを防ごうするオヴィラプトルの兄と

人間の妹のアプリコット兄妹の物語

描いた物語の第3巻です。

 

 

オランダ国境で突如起こった地盤沈下は

巨大なドリル戦車「ダート竜」によるものでした。

 

 

さらにその目的もアルプス山脈から

オランダまで大量の地下水を流し込むことで、

中立の立場のオランダに戦火を広げるためでした。

 

 

ただしその企みも妹のシェルティーの洞察力と

その家族であるアプリコット商会のチームワークにより

寸前のところで防ぐことができました。

 

 

 

ジャバウォッキー1914  感想

 

 

今回の物語でこれまで謎とされていたことが

ほんの少し分かってきました。

 

 

前作「ジャバウォッキー」の主人公の一人である

サバタの死んだ原因や、恐竜と人間の子供を

 

なぜ兄妹としてリリー・アプリコット

育てているのかなど、すべては「殻の中の騎士団」が

南極で行っていた実験に関係するようです。

 

 

そして再び現れた全盲のアロサウルスである

ジャンゴですが、前作同様に所属組織の思惑とは

別に独自の目的のために暗躍しているようです。

 

恐竜と人類のそれぞれの思惑が交差する中、

アプリコット兄妹はどうなってしまうのでしょうか。

 

しかし今回の物語で一番驚いたのは、

話の最後に出てきたドイツ軍の作った

「パリ砲」の存在です。

 

 

ドイツ国内から130㎞先のパリまで

砲撃可能とのことですが、これは前作で

 

出てきた恐竜たちの組織「有翼の蛇」教団の

計画していたパリ万博爆破とほぼ同じ内容です。

 

 

これは恐竜たちから流れた技術なのか

人間独自のものなのか気になりますが、

とりあえず現状は恐竜たちの目論み通りといえます。

 

 

20世紀を戦争の世紀とするという

恐竜たちの企みにどこまで逆らえるのでしょうか。

 

 >>>BookLive<<<

「 ジャバ 」で検索♪

 

 

無料で読む方法

1巻分を無料で読む方法

(・へ・)
「1巻まるまる読みたいんだけど、
 電子コミックサイトにないし―ww」なんて時に…

是非利用したいのが、U-NEXTです。

U-NEXTとは、

10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトです。ドラマ・映画・アニメ
などを視聴できる他に、
なんと!電子書籍も読めるんです。

31日間の無料お試しキャンペーン中。

入会特典ポイント「有料のコミック」読めます!

サービス利用の裏技テク!!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

  ➤➤➤➤U-NEXT

是非試して読んでみてくださいね♪

 

べーだーにゃぁ?🐾