死んで生き返りましたれぽ ネタバレと無料で読む方法✦必見!の価値がありすぎて両手からこぼれてきます。】

 

こんにちは!管理人のエミリです☆

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます♪

今回は死んで生き返りましたれぽ  を紹介します。

 

    まずは読んでみる。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 >>>無料試し読み<<<

死んで生き返りましたれぽ   ネタバレ

 

ある日、自宅で倒れて心肺停止するも、

奇跡的に生還した「わたし」

 

 

一命は取り留めたが、

いつ死んでもおかしくない状態だった。

 

 

壮絶な闘病生活の中、

家族や主治医など周囲の人に支えられ、

「わたし」は一歩一歩、

「生きなおす」ための希望を取り戻していく。

 

 

 

この話、凄いと思います。

 

誰もが知りたくても知ることが難しい位置、

死と紙一重の状態を究極に意識することは

日常生活からはとても体感できません。

 

 

その貴重な体験を、こうして話してくださったことに

本当に感謝したい気持ちです。

 

 

死を意識した時の心と体に起こったこと、

そして病室での医師たちとのやり取りの

生の思い。

 

 

いのちの灯が消えそうに弱く、

呼吸しているのかもわからないくらいの状態では、

きっと自分の体に対しても、

体というものがないよいうに感じたのかも

知れません。

 

 

そんな状態から強く伝わってきた言葉が

こちら側にすごく近い距離で

語りかけてくるのです。

 

 

作者が、死を意識した時の気持ちです。

この一文からもすごく伝わってきたのです。

 

そして、そのとき

自分が何者かも

どこにいるのかも

何をして、何を楽しみに

生きていたのかも

なにもかも

分からなくなっていることに

気付いたのでした。

 

 

突き刺さってくる言葉でした、

追体験しているかのように。

 

 

普段でもたまに自分で問うことが

あることですが、それとは比に

ならない魂の叫び。

 

 

「生きている」ということだけに

真っすぐに向き合う機会を、

 

何ものにもとらわれない状態から

見つめる機会を与えられたと

感じました。

 

 

これはほんの一部ですが、

いろんな方向から見つめられる

素晴らしい生きている本だと思います。

 

 

決して重くなく、

そのまんま入ってくるシンプルな

絵と文字で描かれています。

 

是非、読んでみてください。

 

 

 

 死んで生き返りましたれぽ  を読んでみる。

 

 おススメサイトの 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓   ↓

 >>>まんが王国<<<

 

「まんが王国」を無料試し読みしてお得に読む方法はこちら♪

 

すごいにゃぁ🐾