「ケンガンアシュラ」 19巻 ~みんなからの、オススメ漫画♪~

 

 

 

こんにちは、エミリです!

 

 

ここでは、読者のみなさんからのオススメの漫画をご紹介しますね♪

 

《ケンガンアシュラ》 19巻           男性 (静岡県)

 

 

男たちは「なぜ」闘い、拳で「何」をつかむのか?「究極」の格闘エンターテインメント!

 

拳願絶命トーナメント2回戦Cブロック第6試合は王馬との因縁もあるラスボス候補の
ひとりである桐生刹那と、1回戦で理人を全く寄せ付けず他の闘技者からも
要チェックされていた黒木玄斎の対決。

 

Dブロック第7試合は乃木グループ所属の初見泉と、前の試合で英はじめからウイルスを
投与されて余命幾ばくも無いと思われた坂東洋平の試合となりました。

 

奇しくも達人対怪物の試合が続きましたが、勝敗はどちらも達人側の勝利となりました。

 

自らの軟体体質を利用して伸ばした腕で攻撃するという、某格闘ゲームのヨガの達人の
ような坂東と、とうとう本気になった初見との戦いも良かったですが、特に注目は
第6試合の桐生刹那と黒木玄斎の戦いです。

 

ラスボス候補の一人と見られる桐生に対して、黒木は最強の一角とされているものの
その流派は空手というある意味ではまっとう過ぎてこのような漫画では地味な印象に
なるものです。

 

しかしふたを開けてみると、戦えば戦うほど進化を続ける桐生に対して黒木が常に優勢に
立ちぼぼ圧勝といえる結果となりました。

 

まるで巨大なモンスター相手に刀一本で戦う戦士のようにカッコよかったです。

 

そしてその黒木に第1回戦でなすすべなくボコボコにやられて行方不明となっていた
理人ですが、なんと黒木に弟子入り志願したことが分かりました。

 

作品内の描写を見る限り、理人はこれまでほぼ自己流で格闘技をやっており特定の
格闘技を習ったり誰かに教示されたことはなかったように思います。

 

王馬との対戦からトーナメントまででもいくらかパワーアップしていましたが、
これは独学での特訓とSH冷凍の社長として雇った仁王の駒田とイワン・カラエフという、
言っては悪いが格下相手とのスパーリングによるものでしょう。

 

それだけでここまで戦えるようになる理人の潜在能力は高いのではないでしょうか。

 

怪腕流は驚異的な部位鍛錬により四肢を槍と見紛う迄に昇華する流派なので、
指のピンチ力による斬撃を得意とする理人とは相性もよさそうです。

 

今後の展開に期待です。

 

 

著者・作者 だろめおん・サンドロビッチ・ヤバ子
掲載雑誌 裏サンデー
ジャンル 少年漫画>アクション・アドベンチャー
配信 20巻まで配信(2017年6月25日)
配信サイト まんが王国

 

今なら、1~3巻がまるごと無料で読めますよ~!

       無料試し読みのある
                                         まんが王国こちら<<

                      「ケンガンアシュラ」で検索してください♪

 

*まんが王国をお得読みする方法はこちら♪