俺たちのフィールド 34巻   ~みんなからのオススメ漫画♪~

 

こんにちは、エミリです!

 

ここでは、読者のみなさんからのオススメの漫画をご紹介しますね♪

 

「俺たちのフィールド」 34巻      男性  (宮城県)

 

俺たちのフィールド

週刊少年サンデーに掲載されていたサッカー漫画です。
私の中ではナンバーワンサッカー漫画です。

 

主人公の高杉和也は父をサッカー選手に持つ小学生。

 

その父は、道端でサッカーをしていた子供が車に轢かれそうになったとき、その子供を
助けるために犠牲になり亡くなってしまいます。
そのため、一時はサッカーを辞めていた時期もありますが仲間や幼馴染の森口愛子らの助けも
あり高校生になって再びサッカーを始めることになります。

その後はアルゼンチン留学や、父親が所属していたサッカークラブ・ヤマキ自工に高杉和也
自ら所属してリーグ加盟をし、リーグ優勝を目指し、その後は日本代表として

ワールドカップアジア予選、ワールドカップ初出場、初戦でのアルゼンチン戦まで
なかなか壮大なストーリーです。

 

ちょうどこの漫画が連載されていた頃、日本では大のサッカーブームが起こり、リーグ発足や
ワールドカップ初出場などもあった頃なので、日本のサッカーの歴史をなぞるような
この漫画に熱中していた記憶があります。

 

俺たちのフィールドは他のサッカー漫画にあるように、必殺シュートや必殺技もほとんどないので、物足りなく思う人もいるかもしれません。

 

また、戦略も実践的というよりはかなり大胆なものが多いです(例えば味方チームのほとんどが
片一方のサイドに集まり数で押し切る、などなど。)
ただし、それを補ってあまりあるキャラクターの熱さがあります。

 

それは選手たちはもちろんのこと、アナウンサーやスタッフにも言えます。

 

私の好きなキャラクターの1人にアナウンサーのモロ岡さんというキャラクターがいます。

 

最終巻は、高杉和也が留学していた因縁のアルゼンチン戦です。

 

前半開始早々に先制した日本はジリジリとアルゼンチン戦の底力に押され、ついに同点に
追いつかれてしまいます。

 

体力が限界の中、必死に戦う日本選手を見てモロ岡さんは、テレビ中継のアナウンス中、
「お願いだ…お願いだから勝ってくれ…勝ってくれたら、死んでもいい…」ともらして
しまいます。この場面を読む度に目頭が熱くなります。

 

サッカーを知らない人も、ドーハの悲劇やJリーグ発足、ワールドカップ初出場を
知ってる人も熱くなれる漫画です!

 

 

作者名 村枝賢一
掲載雑誌 週刊少年サンデー
ジャンル 少年漫画>スポーツ
配信 34巻 完結/343話 完結
配信サイト まんが王国

 

 

  無料試し読みはこちらから♪

 

   >>>まんが王国<<<

 

 「恋は雨上がりのように」で検索してください♪

 

 

*まんが王国をお得読みする方法はこちら♪