クロコーチ  1巻     ~みんなからのオススメ漫画♪~

 

こんにちは、エミリです!

 

ここでは、読者のみなさんからのオススメの漫画をご紹介しますね♪

 

「クロコーチ」 1巻            女性 40代前半 (神奈川県)

 

・あらすじ

ホステスが殺される事件が発生し、捜査二課の黒河内圭太と捜査一課の清家真吾管理官が、
課をまたいでコンビを組むことになります。

実は清家は、県警の本部長から、黒河内を内偵するように言われていました。

清家は、政治家をゆすり金を得ている黒河内を嫌悪します。そんな彼に黒河内は、自分が
狙っているのはもっと大物で、15年前の未解決の殺人事件を追っているのだと話すのでした。

その後、清家と黒河内は謎の二人組に命を狙われ、黒河内が犯人を射殺しますが、彼らは
同じ県警の警察官でした。

やがて、ホステス殺人事件の容疑者だった議員の郷田文吾が自殺してしまいます。

実は彼は、15年前の未解決の殺人事件にも関わっており、事件は現県知事の沢渡一成の
犯行だと記した遺書を残していました。このことにより、沢渡は逮捕されます。

沢渡と郷田が15年前の事件に関わっているのを知っていた黒河内は、郷田のホステス殺しを
見逃すのと引き換えに、遺書をかかせ、15年前の事件を解決に導いたのでした。

強引なやり方に憤る清家ですが、ほかにどういう方法で解決できたのか黒河内に問われると、
何も言えないのでした。

 

・人物紹介

黒河内圭太(くろこうち けいた)
捜査二課の警部補。
政治家等の弱みを握ってはゆすりをし、莫大な権力を得ている。県警の闇と言われ、恐れられている。

清家真吾(せいけ しんご)
捜査一課の管理官。生真面目で、曲がったことが許せない性格。

沢渡一成 (さわたり かずなり)
謎の多い人物。過去に殺人事件を起こしているが、それを隠して県知事の座についていた。

 

・ここが面白い・いい所

・謎が多く、先の読めないストーリー展開で、早く続きが読みたくなる。
・最後には思いもよらない人物が犯人だったり、どんでん返しに驚かされる
・事件を解決するためには手段を選ばない、黒河内の魅力
・生真面目な清家と、悪いことも平気でする黒河内とのコンビが面白い。
・実在の事件もモデルにしていることもあるので、実際はこうだったのか?などと想像
しながら読むのが楽しい

 

・感想

とにかく、コワモテの黒河内警部補のキャラクターが強烈で、魅力的です。

同じ警察官から、県警の闇、怪物と言って恐れられ、疎まれていますが、彼なりの信念と
正義にのっとって、事件を解決していきます。

事件を捜査する方法も、手段を選ばず、これは違法なのでは?と思うことも平気でするので
ハラハラしますが、無茶苦茶な方法を取っても、最後には事件を解決に導きます。

事件の捜査の中で命の危険にさらされたりもしますが、持ち前の頭脳と行動力、
そして生命力で切り抜けるのがすごいです。

彼とコンビを組む清家管理官は、警察官だった亡き父と同じ職業を選び、仕事に信念と理想を
もった、生真面目な人物です。

管理官なのに自ら出て行って捜査をするほど熱心ですが、まだ若いので甘ちゃんな部分も
あります。

そんな彼が、黒河内とコンビを組んで事件を解決し、さまざまな修羅場を潜り抜ける中で、
成長していく姿も、見所です。

黒河内たちが挑むのは、3億円事件などの昭和の未解決事件が多く、興味深いです。
あの未解決事件の裏に、実はこんなことがあったのかも?と想像するのも楽しいです。

ただ、物語の中で簡単に人が死んでしまうので、お気に入りのキャラクターが突然いなく
なって、ショックを受けることもあります。

今も連載中ですが、話が広がりすぎて、最後はちゃんとまとまるのかな?と不安なところも
あります。

それでも、とても面白いので、続きが楽しみな漫画です。

 

 

 

 

作者名 リチャード・ウー/コウノコウジ
掲載雑誌 漫画ゴラク
ジャンル 青年漫画>警察ダークミステリー
配信 19巻まで配信(2017年6月30日)
配信サイト BookLive

 

 

登録なしですぐに読める無料試し読みBookLiveがおすすめです。

 

国内最大級の品揃えを誇る電子書籍の本屋さんです♪

 

無料・半額クーポンなどのキャンペーンもあり、とってもお得です♪♪

 

  >>>BookLive<<< 

「クロコーチ」で検索してください♪