『夫の遺言』     ~みんなからのオススメ漫画♪~

 

こんにちは、エミリです!

 

ここでは、読者のみなさんからのオススメの漫画をご紹介しますね♪

 

 「夫の遺言」            女性 20代後半 (東京都)

 

『いつかティファニーで朝食を』『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』でおなじみの
マキチヒロさんが、夫の死から始まる主人公とその周りの人々を、法律知識を交えながら
優しい視線で描く再生の物語です。
主人公・絹は、親子ほど年の離れた有名作家である嘉数のもとへ嫁ぎ、幸せな生活を送って
いました。美人だけど、いわゆる”お嬢様”である絹は、同級生らのように働くこともなく、
結婚を誓った婚約者からも自立心のなさをとがめられ、周囲から孤立気味。
引け目を感じている絹には、親しい友人と呼べる存在もいません。
そんな自分のことを、ただひたすら可愛がり、愛し、望むようにしてくれる優しい夫に
巡り合えたことを感謝していました。
ですが、その夫が急死し、悲しみのどん底で明らかになる借金・愛人・隠し子の存在。
更には自分と結婚前に書かれていた遺言書が書き換えられておらず、遺産相続の権利さえ
危ぶまれます・・・。

 

初めの部分だけ読むと、あまりにも適当な嘉数にも、弱弱しすぎる絹にも少しいらつきを
覚えてしまいましたが(笑)嘉数の前妻との娘の月子と陽子、隠し子である長次郎との交流に
よって、少しずつ外の世界に触れていきます。

 

それにしても、受取人の書きかえられていない生命保険の請求や、自分の知らない借金の
取り立てなど、絹のやりきれなさや、心細さが伝わってきて、読んでいるこちらが気の毒に
なるくらいです。

 

まだ夫を亡くした悲しみに浸っていたい時期だろうな・・・と思うのですが、たぶんこれが
家族を亡くした遺族のリアルなのかな、と思います。

 
借金はなくとも、お葬式の準備やお墓やら各種手続きやらで悲しんでばかりいられないくらい
忙しいですもんね。また、このあたりでは遺言書のしくみや借金の過払いについての
法律知識が記されていて、非常に勉強になります。

 
お嬢様で働く気力も覇気もない絹でしたが、最終的に夫の愛人に口利きしてもらって
キャバクラで働くほどなりふり構わず生きることを選びます。

 
その中で、初めて興味を持つ仕事に出会い、前を向いて歩き始めます。

 
よく「神様は乗り越えられる試練しか与えない」なんて言いますが、時に人は生きていくには
どんなことも乗り越えるしかなく、そうやって人は強くなるんだなと改めて感じました。

 
最後は逞しくなった絹の姿にこちらが勇気づけられます。
そんなさわやかな読後感を楽しめる一冊でした。

 

でも、やっぱり家族のために保険受取人の変更、遺言書の見直しは必要ですね(笑)

 

 

 

作者名 マキヒロチ
掲載雑誌 ジャンプ改
ジャンル 青年漫画>ヒューマンドラマ
配信 1巻完結
配信サイト BookLive

 

登録なしですぐに読める無料試し読みBookLiveがおすすめです。

 

国内最大級の品揃えを誇る電子書籍の本屋さんです♪

 

無料・半額クーポンなどのキャンペーンもあり、とってもお得です♪♪

 

  >>>BookLive<<< 

「クロコーチ」で検索してください♪