アラタカンガタリ~革神語~リマスター版1巻 あらすじ感想と無料試し読み♪

 

こんにちは!管理人のエミリです

大好きな漫画を読んで瞬く広がる気分を楽しんでます

 

 渡瀬悠宇先生  作品

 

渡瀬悠宇先生の作品と言えば、「ふしぎ遊戯」があると言えば

わかりやすいのかも知れませんね。

 

この漫画は、異世界へと迷い込み、

重大な使命を負うことになった少年の成長を描いたものです。

“天和国”(アマワクニ)と、現代の日本の2つの世界で、

革(あらた)とアラタ、2人の少年を中心に展開します。

 

この作品が出た時話題になったのが、準主人公のアラタを使い、

メイン主人公となる革の存在を伏せておいたことです。

第1話巻頭カラーの表紙にアラタとコトハの後ろに革(あらた)が描かれたのみで、

第2話から本格的な登場を果たします。

 

もうここから、

すでに物語へ引き込まれてしまったような見事なスタートです。

 

壮大なストーリーの幕開けの予感がします――。

 

 

 >>>まんが王国<<<

 アラタカンガタリ」で検索してください♪

 

 

作者名 渡瀬悠宇
掲載雑誌 週間少年サンデー
ジャンル 少年漫画>SF・ファンタジー
配信 8巻まで配信(2017年7月現在)
配信サイト まんが王国

 

 

 アラタカンガタリ~革神語~     あらすじ

 

まず、この漫画はリマスター版です。話の構成やコマ割りがオリジナルと多少違います。

 

この物語は、「革(アラタ)」と「アラタ」の二人が主人公です。

 

軽く、人物紹介

日ノ原 革(ひのはら あらた)
主人公。高校1年生で本来、正義感が強いがヒョンナことからいじめられている。

アラタ
秘女族の少年。秘女王殺しの疑惑をかけられている。

コトハ
ヒロイン。アラタに仕える釆女族の少女。
自分以外の相手の傷を治すことができる、明るく活発な性格。

 

 

は高校入学したての男の子。
中学の頃はいじめで不登校になっていて、
高校では全部リセットしてやり直そうと考えていました。

ですが、中学の頃いじめられていた元友達と再会し、
またいじめに合うようになります。

せっかくできた新しい友達からも裏切られ、
絶望の中歩いていると奇妙な道を見つけます。

 

通ってみると、出口には見たこともない古めかしい光景が。

そして、アラタは天和国(アマワクニ)の秘女族(ヒメぞく)に生まれた男の子。

秘女族とは、天通力(アマツリキ)を持ち生まれてくる
不思議な一族で、代々天和国の神と呼ばれる劍神(ハヤガミ)を治めています。

ですが、天通力は女性しか持つことができず、
男であるアラタには力がありません。

なのに、祖母が「次こそは女だ」とタカを括ったせいで
女王になることを強いられます。

自分が女王となる儀式に出ないと家族の命が危ないと知ったアラタは
心を決め、儀式に出ることになりました。

 

けれど、その儀式で待っていたのは女王の部下たちによる謀反でした。

女王を殺した罪に問われたアラタは訳もわからぬまま逃げ、
神開(カンド)の森に入ってしまいます。

 

アラタが出た先は見たこともない風景。

現代の革と天和国のアラタは互いに入れ替わってしまいました。

 

革は女王から「新たに世界を束ねて欲しい」と言われ、
神に選ばれた鞘(ショウ)として冒険を始めます。

 

 アラタカンガタリ~革神語~     感想

 

日本の神話に出てくるような言葉の数々。横文字ばかりが目立つ中で、

独特の澄んだような感性が感じられるのは、日本語のもつ「言霊」のせいなのでしょうか?

変に、重々しくなりがちですが、ここではとても磨かれたような美しさが出ています。

かといって、革は高校生。コトハのかわいらしさとちょっとしたお色気シーンまで

出てきて物語を和らげます。

革の学園ドラマでも充分面白いと思うのですが、異世界である天和国と二つの世界が

舞台になっていることで、どんな面白さが生まれてくるのかと

思うとワクワクが止まりません。

 

RPGにでもありそうな非力な若者から、勇者になっていくという、

二つの異なる世界をまたにかけた壮大な物語

繰り広げられる予感さえ感じられてなりません。

 

スペクタルファンタジー間違いなしで期待がもたれます。

 

 

まずは、
会員登録不要で読める

無料試し読みで読んでみてくださいね!

私もいつも利用させてもらってるお気軽サイトです(^^♪

 

「まんが王国」を無料試し読みしてお得に読む方法はこちら♪

 

 

>>>まんが王国<<<

「 アラタカンガタリ」で検索してください♪